スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるま選び 【その2】 何故乗り換えるのか?

 GVの現状については前回エントリの通り。今回は何故乗り換えるのかについてメモしますよ。

 我が家も世間のご多分に漏れず、盆暮れ正月の帰省やなんかで長距離移動の機会が増えました。ちなみに自宅~実家間は片道120km弱。で、事ある毎に親父のMPVを借りていた訳です。

P1.jpg
親父's MPV   V6 3000 / FF / 5AT / 197ps / 27.2kgm

 このクルマ、すんげー楽。純正の割に堅めの足回りと余裕のエンジンパワーで、高速クルージングはお手の物。これにクルーズコントロールがついてたら言うこと無しです。stop and go の多い市街地ではちょっとストレスを感じることあるけど、これは車重が1.7tもあるってのと、ATの挙動に馴れてないからかな。

 室内も十分すぎるほどに広々。2列目はキャプテンシートだから、チャイルドシートをつけたままでもゆったりしていて、sodapopもしっかり休めます。3列目も実用的な広さで、授乳やおむつ交換が難なくできる。カラクリフォールドで3列目をしまえば、スターキーとケージに入ったロスを乗せても余裕余裕。

 電動スライドドアも以前は「そんな贅沢必要ない!」と思っていたけど、ぷっちょちゃんをだっこしている状況では非常にありがたい。欲を言えばスライドドアの開口部がもっと広いと尚良し。

 …とまぁ、MPVの良さと子ども連れがミニバンを選ぶ理由を痛感した訳ですよ。

 翻ってGVはと言うと…確かに良いクルマです。自分の「車とはこうあるべし!」という基準やコダワリをきっちりと満たしています。走行フィールも自分にしっかりと馴染んでいて、阿吽の呼吸です。その気になれば、チャイルドシートをつけて、わんこ2匹をのっけて移動できます。でもね、余裕がないのです、余裕が。今の我が家に必要なスペックを一応満たしてるけど、カツカツなのです。

 …どうしてもこのクルマにしがみついていないといけないのか?自分と、奥さんと、娘と、愛犬たちのライフスタイルにより良くフィットするのは、車高を下げて走りに拘ったフルエアロのステーションワゴンではない。こだわりを柔軟に変化させることは、決してかっこわるいことじゃない。そう思えるようになったのは、親馬鹿の極だよなぁ…と思う今日この頃。大げさなようだけど、自分にとっては大きな変化なのです。

 そんなこんなで、GVを降りて、より我が家のニーズに沿ったクルマに乗り換えることを決意したのでした。

以下次号

Comment

非公開コメント

PROFILE

6ch

Author:6ch

車と料理とMacが趣味の髭の濃い一児の父。

CLOUD
COMMENT
ARCHIVE
06  05  03  01  12  11  09  08  06  04  02  01  12  11  09  08  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
SEARCH
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。