スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるま選び 【その1】 GVの現状

 GVカペラワゴンを乗り換える予定については、前回エントリで書いた通りだけど、備忘録の意味も兼ねて、もう少し詳しくシリーズで書き留めておきますよ。

 来年12月までタップリ車検があるGVの調子はと言えば、実は好調だったりするのです。60km/hあたりで下周りから「ぐぉぉーん」といううなり音がして、排気系のどっかが干渉している金属音がして、もしかして排気漏れしてるかもしれないこと以外は。

 何人かにアドバイスをいただいた結果、「ぐぉぉーん」の原因として考えられるのは以下の通り。

1. トランピオ ヴィモード特有のロードノイズ
2. ホイールハブベアリングの摩耗
3. プロベラシャフトジョイント部ベアリングの摩耗

 まずは余っているタイヤ一式に戻してみて、1を確認してみるつもりです(早くやれよ)。それで解決するならまぁ仕方のないことと我慢する予定。2か3でも3万円以下で修理できるらしいので、修理も十分検討可能範囲。

 排気系統はマフラーハンガー換えたり、インシュレーターひん曲げたり、ガスケット換えたり、パテで埋めたりして自分でも何とかできそうな予感。つまり、まだまだ乗れる訳ですよ。

IMGP2316.jpg
サイドスカート装着の図。背景や写り込みは気にしないでね。

 しっかり走ってくれるし、いろいろ手を入れてあるから愛着もかなりあるし、見た目も気に入ってるし。つい先日だって、のぶひろさんからいただいたMazdaspeedのサイドスカートを取り付けたばかりだしね。「愛着のある道具」として、GVはまだまだ色褪せていないのです。

 じゃあ、何故乗り換えるのか?ズバリ、愛娘ぷっちょちゃんが生まれたからに他なりませぬ…。

以下次号。

Comment

おっ!付いたね! よかったよかった。

私のGVも、確か上記2を交換したよ。
それも走りの調子は良かったんだけど、なんか変な音がする?気のせい?くらいな感じだったんだけど、たまたま出した点検で部品の破損が発覚して・・・。
そんなに金額はかからなかったよ。

人もクルマも、早期発見早期治療が肝心だね♪

はい、カナリいい感じになりましたです。ありがとうございます。
グローブボックス照明と残照装置も、自分の手で取り付けてから弟に託します。
ちなみに、ペラシャAssyは生産終了だそうです(工場長情報
非公開コメント

PROFILE

6ch

Author:6ch

車と料理とMacが趣味の髭の濃い一児の父。

CLOUD
COMMENT
ARCHIVE
06  05  03  01  12  11  09  08  06  04  02  01  12  11  09  08  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
SEARCH
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。