スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Remote Desktop Connection Client for Mac 2

 仕事の環境を徐々に職場の貸与品のDELL Vostro 1000/Windows XPから、PowerBook G4に移行している。
仕事柄そんなにOS依存の作業はないので、ほとんどの作業はMac OSでも済ませることができる。

 ただ、どうしてもWindows上で作業しないといけないことも少なからずある。例えば、前任者から引き継いだデータがWindows上のアプリケーションでしか扱えない場合などがそれにあたる。

 こういった場合、Remote Desktop Connection Client for Mac 2がかなり便利だ。これを使ってリモートでWindowsマシンを使えば、プラットフォームの問題は全くなくなる。当然、ホストとなるWindowsマシンが物理的に1台必要となるが、職場でグループウェアサーバ(と言ってもごくふつうのミニタワー型自作機)の管理を任されているので、それを使うことにした。もともと負荷の低いサーバであるし、”どうしてもWindows”の状況は、頻度としてはとても低いので、まず問題にはならないと思われる。

 仮想マシン環境にWindows XPもしくは2000を入れようかとも思っていたが、それをせずに済んだのはありがたい。こういう形態をThin clientというそうだ。考えてみればX Window Systemではずいぶん前からこれをやっていたのだから、先見性は高い。もっとも、当時の目的としてはコスト対策としてのものだったらしいが。職場内のデータの管理や保全を(不本意ながら)任されつつあるので、データの拡散やセキュリティ対策にはいつも頭を悩ませられるが、いっそのことSun Rayあたりを導入して、OSはSolaris、オフィススイートはOpen Office.orgにしてしまうと、データの拡散の問題が解消される上に、運用コストやライセンスの問題からも解放されてとても良いように思う。

 でも、現場は大混乱になってしまうだろうから、導入は夢のまた夢だ。
スポンサーサイト

メモ

 SSDに交換したPowerBook G4はすこぶる快調。Touranにはバックギアアラームを取り付けた。不要品をちょこちょことオークションに出品し、FXにも興味津々。なんだかんだで忙しいので、メモ代わりに更新。

PowerBook G4 12inchで遊ぶ 3

 次はSSD。今のところPBG4の内蔵HHD 80GBのうち23GBほどを使っていて、今後も「出先での便利な調べ物/プレゼンツール」として使う予定なので、あまり大容量なものは必要ない(たぶん)。

 前出のお店の方の話によると、SSDの価格は上昇傾向・品薄傾向であるらしい。SATA接続のものであれば選択肢も多く、その分価格も競争により若干低くなるらしいが、PATA(≒IDE)接続のものは選択肢が少ない。あいにくPowerBook G4のストレージはPATA接続なので、選べるSSDはかなり限られてくる。Webで調べてみるとCFDのものがPATAでも比較的安価なようなので、このメーカーから選ぶことにしたが、問題はその容量。取り扱い店舗が多いのは\9,000程度の32GBと¥16,000程度(各送料別)の64GBのもののようだ。32GBでは容量的にちょっと不安だし、64GBは価格的に手を出しにくい。

 これは困った、とWeb上をうろついていると、同メーカーのCSSD-PM48NJ というモデルを見つけた。

cssd-pmnj_s.jpg


 48GBで送料込み\13,000という設定は、一般的には中途半端なのだろうが、いま求めている条件にはぴったりとマッチする。早速、注文した。手元に届くまでは1週間程度かかるらしいので、その間に「難しくはないが面倒くさい」と評判のPB G4 12"のばらし方の予習をしておくことにする。

【今日までの使用金額=\16,500】

3回目

 今日は3回目の講義だった。

 前回残してしまった過去問の一部と、新たに用意した別の年度の過去問1年分をやった。最後は駆け足になってしまって受講生に申し訳なかった。でもこれで90分ひとコマで、自分のやり方だとどれ位の量をこなせるのかの目安が付けられた。

 年内の講義は今日で終わりで、次は来年1月中旬。これまでの超少人数制講義とは打って変わって、数十人を相手に大学の講義室での講義になる。今まで以上に念入りに、万全の準備で望みたい。できれば、年内にはレジュメを完成したいもんだ。

PowerBook G4 12inchで遊ぶ 2

 まずは職場で付き合いのあるお店に電話して、DDR333/PC2700/CL=2.5の1GBのRAMとSSDの価格について問い合わせてみたところ、RAMはバルク品で良ければ3500円で在庫あり、SSDは32GBのものが13000円程度で納期2~3日とのことだった。SSDはネット上で注文した方が大分安いので、RAMだけを購入した。
NB-PC2700(23).jpg

 交換は至って簡単で、ボトムケース底面のビス4本を外してカバーを開け、メモリモジュールを入れ替えるだけ。作業はものの2分程度で、バルク品だがあっさりと問題なく認識され、動作も問題ない様子だ。OSをLeopardにアップグレードしてしばらくiTunesで音楽を再生しながらSafariでWebを閲覧してみたが、なかなかどうして快適だった。DashboardをOFFにすると、さらに軽快に動き、ちょっとした用途には全く問題ない程度のレスポンスである。これは思った以上に使えそうだ。

 【今日までの使用金額=\3,500】

PowerBook G4 12inchで遊ぶ

 職場の人からPowerBook G4を譲っていただいた。12inchの最終モデルで、MacOS X 10.4 Tiger/PPC G4 1.5GHz/RAM 768MB/HDD 80GBのものだ。
c0084402_2055121.jpg

 内蔵HDDにS.M.A.R.Tエラーが出るが、それ以外は問題ないらしい。ボトムケースの左手前に少しへこみがあるので、恐らくぶつけるか落とすかしてしまったのだろう。mini DVI-VGAアダプタとmini DVI-DVIアダプタとともに受け取った。試しに起動してみると、バッテリの持ちはパフォーマンス重視の設定にして2時間弱との表示になっている。

 エラーの出ているHDDの交換はもちろん、RAMの増設、ついでにOSをLeopardにアップグレードして、モバイル用途に使ってみたい。AirMacも載っているし、ちょいと出先で使うには充分だろう。例の非常勤講師のアルバイトのプレゼンテーションや辞書代わりに便利そうだ。できればHDDをSSDにして、対衝撃性とレスポンス向上を狙ってみたい。

 同スペックのジャンク品がオークションで\15,000~\20,000前後、完動品が\30,000~なので、まぁ予算\20,000でこれらを調達できれば文句なしと言ったところだろうか。ボーナス目前で財布の紐が緩んでしまいそうな時期だが、断固補正予算なしでいくことにする。

テレビが壊れた

 テレビが壊れて画像が全く映らなくなったので、メーカーの出張修理に来て貰った。原因はインバータ基盤不良で、部品を交換するとすぐに直った。ついでにHDMI接続すると音が途切れ途切れになる不具合も、ファームウェアをアップデートして直して貰った。延長保証に入っていて良かった。

 ついでに、ほったらかしにしていたビデオキャプチャボックスADVC-55をiMacにつなぎ、いつでもひかりTVをキャプチャできるようにしてみた。意外に便利かも。
PROFILE

6ch

Author:6ch

車と料理とMacが趣味の髭の濃い一児の父。

CLOUD
COMMENT
ARCHIVE
06  05  03  01  12  11  09  08  06  04  02  01  12  11  09  08  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
SEARCH
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。